リセール物件購入の流れ

1.申込み

内覧後購入したい物件がございましたらそのお部屋を仮押さえします。
購入条件、要望(価格、引渡し時期、家具などの室内備品)を整理し売主にその内容を伝えます。

必要なもの

申込金 50,000バーツ(成約に至れば手付金に充当されます。)
パスポートのコピー

  • 申込後の購入キャンセルの際申込金の返却は出来かねます。よくご検討された後にお申込みいただきますようお願い申し上げます。
  • お部屋は基本的に現状引渡しとなりますので良くご確認いただいてからご判断ください。

購入条件が両者合意に至れば約1週間程で契約書類を作成し契約へすすみます。

2.契約

契約書に署名します。(弊社の契約書は日本語表記もございます。)
契約完了し正式に購入権を得る形になります。

必要なもの

手付金 200,000バーツ程(購入物件によって異なります。)

※コンサルタントフィーについて
ご契約時にコンサルタントフィーの半額を頂戴させていただきます。停止条件付契約等で売主買主双方に過失がなく契約が有効に成立しなかった場合は、頂いたコンサルタントフィーを返金させていただきます。どちらかの債務不履行による違約解除、双方合意による白紙解約の際は返金いたしません。

3.移転登記準備

必要であれば銀行口座を開設いたします。
担当者同行のもと売買代金の小切手作成、送金証明書を銀行にて作成してもらいます。

  • 小切手を作成する前に売買代金以上の金額をタイ国外から購入者自身のタイの銀行口座に振込んでいただく必要がございます。
  • タイバーツ建以外(円、ドルなど)で送金してください。
  • 送金時、送金事由欄に送金目的の記載が必須となります。記載内容はケース毎に送金時にお伝えさせていただきます。
  • 購入者と同一名義の口座から送金してください。
  • 購入者名義と異なる配偶者やご親族の口座から送金されないようご注意ください。購入者と同一名義の口座から送金することが不可能な場合は予めご相談ください。

4.移転登記

弊社担当者が土地局へ同行し移転登記を行います。
移転登記完了後、売主様には小切手を渡し買主様は権利書、お部屋の鍵、物件に関する書類等を受け取ります。

  • 委任状を使用し買主様は土地局に行かないということも可能です。
  • 移転登記完了後コンサルタントフィーの半額を頂戴させていただきます。

5.引渡し、入居

鍵、権利書類を受け取り後ご入居いただけます。
電気メーターの名義変更も委任状にご署名いただくことで弊社で行なえますが移転登記終了後1週間程お時間の猶予をいただく形になります。
お申込みから引渡しまで早くても約1ヶ月程はかかります。

6.購入後のアフターフォローにつきまして

引渡し後、室内のトラブルや管理事務所とのやり取り、公共料金の精算等で何かお困りになられましたらお気軽にご連絡ください。
アフターフォローさせていただきます。
室内にトラブルが発生した際は修理業社の紹介や手配はこちらでお手伝いさせていただきます。

新築物件、リセール物件共に購入時に重要な点は、外国人がタイでコンドミニアムを購入する際はタイ国内のコンドミニアム法により外貨での購入が必要となることです。近年日本でもマイナンバー制度の導入なので海外送金への規制が厳しくなっております。海外からの送金者と購入者の名前が一致している必要性がある場合やデベロッパーへ直接送金またはご自身のタイの口座へ一度送金した方がベターなケースもあります。テクニカルな部分が発生するケースもございますのでケース毎にご案内させていただきます。
また必要書類を取得すればタイ国外から外貨をハンドキャリーで持ち込んだ現金をタイバーツへ両替して移転登記を受けることも可能ですが、現金持ち込み時に空港職員とのやり取りも発生し安全性も低いのでお勧めしておりません。