TAIT 12

売買物件(新築コンドミニアム)

物件名:Project TAIT 12
所在地:Address Sathorn Soi 12
最寄り駅:Station BTS Surasak スラサック駅 徒歩約8分
築年数:Built year 2022年中旬予定
間取り:Plan 1Bed room~3Bed room
面積:Area 40sqm~154sqm
価格:Price 1Bed room(40sqm) 900万バーツ台~
単価 約 280,000バーツ/sqm
管理費/積立一時金 110バーツ/sqm(Common fee)/ 900バーツ/sqm(Sinking fund)
デベロッパー:Developer  Raimonland,東京建物
総階数、総戸数
Total floor,Total unit
40階建て 238戸
想定利回りExpected yield 約3.5-4%

 

コメント

日本のデベロッパー東京建物とRaimonland社との合弁プロジェクトです。

タイ最高級クラスのレジデンス「マハナコン リッツカールトンレジデンス」の近くに建築されます。

この辺りのサトーンエリアは高級オフィスビルが多いビジネス街です。
スクンビットとは異なる落ち着きがあるエリアです。

周囲にも高級物件が多いですが本物件TAIT12も見た目も目立つ高級物件となります。

40階建てですが238戸しかなくプライバシー性の高いプロジェクトです。

駐車スペースもほぼ100%確保されエレベーターも4機とゆとりある仕様となっております

お部屋は50㎡から70㎡という広いお部屋が多く100㎡超えのお部屋もあります。

天井高は3メートルという仕様です。

1ベットルームの多くは1000万バーツ台、2ベットルームが2000万バーツ台、3ベットルームが3000万、4000万バーツ台となります。シーロム、サトーンで働くエグゼクティブクラスが入居ターゲットとなります。

また現段階での最寄駅はBTSスラサック駅、そしてチョンノンシー駅ですがサトーンソイ12の入口近く、TAIT12から徒歩約3分のところにBTS新駅Sueksa Witthaya駅が2021年オープン予定となります。

Sueksa Witthaya駅はBTS新路線ではなく現行のシーロムラインのチョンノンシー駅とスラサック駅の間に出来る形になります。

お問い合わせ、内覧希望はこちら