タイ不動産Airbnb厳格化、逮捕される可能性も

Airbnbは合法か?出所DD Property

以前タイでAirbnbなどで自己所有の不動産を短期宿泊にて運用したり利用したりすると違反になる可能性が高いとブログでもご紹介いたしましたが最近その取り締まりが厳しくニュースでも取り上げられるようになっております。

過去ブログ:タイ不動産賃貸でAirbnbは合法なのか?

Cエカマイというエカマイ通りの奥、ほぼペッブリー通りに面するコンドミニアムにて短期宿泊している外国人が多くいるということで警察が介入し物件所有オーナーを取り締まるというニュースがありました。

Kapook:短期宿泊運用取り締まり

エカマイの高級コンドミニアムで民泊、中国人観光客殺到で住人怒る

Cエカマイというコンドミニアムは駅や商業施設からも遠く立地が良いと言える場所ではないので通常の賃貸契約を得ることはかなり難しいかと思います。その為投資目的で購入したオーナーは短期宿泊でもしなければ運用は難しいと思われます。

これまでAirbnbのような短期宿泊はグレーゾーンであったのがここに来て取り締まりが厳しくなっております。これは短期宿泊をさせるのがホテル法に違反しているというのではなく短期宿泊での利用者のマナーが悪いということが主たる原因で居住者が怒って問題になっているのだと思います。

Airbnbを利用する短期宿泊者の多くが中国人で一度に団体で押し寄せるので問題になるのだと思います。

以前のブログでも書きましたが基本的に個人の所有不動産を短期で貸出して問題になることが問題だと私は思うのでマナー良く利用し制度を改めてほしいとも思います。

このままでは厳密に言うと自分が所有している部屋を知人に数日貸すだけでも違法となってしまいます。
タイは厳密に制度を定めるということが出来ないようなところがあるので今後もグレーゾーンという状況が続くと思います。

指紋認証にて入口のオートロックを管理するようなコンドミニアムも出てきております。

参考記事:The Thaiger

短期宿泊で運用した方がもちろん1日当たりの宿泊費は高いですがクリーニング費用や鍵引渡しなどの運営費もかかるので当初から短期宿泊狙いでの投資目的の購入はタイでは避けるべきです。

賃貸でのインカムゲインを多く狙いたい場合はやはりバンコクの一等地物件の購入またはパタヤのホテル事業への投資という手がお勧めです。

パタヤのホテル事業案件は400万バーツ台から30年間の賃貸保証という案件もございます。購入することでパタヤの一等地でオーナー自身も年に14日無料宿泊が可能となります。
購入後の転売も可能です。ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク


Please follow and like us:

Follow me!