タイへの投資額、日本企業がトップ

タイランド4.0を掲げEEC,税制優遇で外国企業の誘致を進めているタイですが海外企業からの投資額、BOIへの申請は順調に伸びているようです。

外国企業の中でも日本が投資額420億バーツ(1470億円)でトップ、次いで中国240億バーツ、スイス110億バーツ、シンガポール76億バーツ、香港73億バーツとなり日本の投資額ダントツトップであることが分かります。

以下記事参照: Foreign investment more than doubles in first half, as BoI gets 758 new projects

投資委員会(BoI)の事務局長であるドゥアンジャイ氏は、758件のプロジェクトが今年前半期の6カ月間に提出され、前年同期の707件から7%増加したと述べました。
申請プロジェクトの内の57パーセントで総額1,130億バーツと評価されている工業企業です。
最も多くの応募者は電化製品メーカーであり、次に自動車メーカー、農業、食品加工ビジネスが続きます。
一方、今年の上半期に、外国人投資家は468件のプロジェクトに1470億バーツを投資する見込みで、昨年同期の700億バーツを109%上回った。
日本企業は420億バーツでトップ、続いて中国が240億バーツ、スイスが110億バーツ、シンガポールが76億バーツ、香港が73億バーツとなっています。
ドゥアンジャイ氏は、BoIの投資促進はタイランド4.0の投資計画に沿っていると述べました。
取締役会は、717プロジェクトの投資促進を承認しました。
これにより、43,878人の雇用が創出され、236億バーツ相当の現地材料の使用が促進され、輸出額は最大3,337億バーツになります。

スポンサーリンク


Follow me!