新規プロジェクト数の増加と販売減速

タイの不動産機関は7月17日水曜日に、今年6月にバンコクとその郊外で2019年5月よりも16プロジェクト多い47もの新しい住宅プロジェクトを開始したと発表しました。

これらのプロジェクトは、合計で13,943ユニットあり、57.25億バーツの価値があります。1ユニットあたりの平均価格は410万バーツであると付け加え発表されました。
⇒この平均価格は高いなと個人的には感じました。郊外ではなくバンコク中心部の物件も結構含まれていると予測されます。

6月に販売されたプロジェクトは5月の新規プロジェクト平均販売20%に対して15%と減少いたしました。
⇒文中の内容だけでは良く意味が分かりませんでしたが1ヶ月で15%、20%と販売出来たら上出来だと思ってしまうのですが異なるのでしょうか…

6月にプロジェクトを立ち上げた企業には、Pruksa Real Estate Plc、Chewathai Plc、Lalin Property Plc、Property Perfect Plc、Supalai Plc、AP(Thailand)Plc、Areeya Property Plc、Sansiri Plc、Eastern Star Real Estate Plc社が含まれます。

参考記事:THE NATION

スポンサーリンク


Follow me!