タイ最高級コンドミニアムは六本木ヒルズと同単価!

タイの最高級コンドミニアムは『98 Wireless』というワイアレス通り(ウィタユ通り)にあるSANSIRI社のコンドミニアムです。

98 Wireless


ロビー 98 wireless

ロビー 98 wireless

重厚感があり気品漂わせる外観であります。

スポンサーリンク


タイ最高単価のマンション価格はいくら?

『98 Wireless』は1㎡あたりの単価がタイで一番高額なコンドミニアムとなります。ポータルサイト上で販売されてあるリセールの価格はなんと㎡あたり673,452バーツとなっております。
バンコクの一等地であるトンローで販売されている新築の超高級物件の㎡単価は300,000バーツ少々です。タイでは㎡単価300,000バーツ以上のコンドミニアムが最上級クラスの物件として分類されます。『98 Wireless』はその最上級クラスの2倍の単価になるので高級物件の中でも、ズバ抜けた価格となっております。タイの中ではとんでもない単価の超超高額物件です。この物件の価格、単価はなんと六本木ヒルズレジデンスと同額になります。
㎡単価673,452バーツは現在のレートで日本円に置き換えると2,399,854.69円となります。バーツ高が進んでいる中での価格ですが㎡約240万円、坪単価約792万円です。東京、港区のマンションの平均坪単価が約540万円となり、六本木ヒルズレジデンスが坪単価約800万円となるようです。日本で一番高単価な物件は虎ノ門ヒルズで坪単価1272万円となるようです…すごい価格ですね。。現在のレートで虎ノ門ヒルズは㎡単価約108万バーツとなります。

『98 Wireless』物件概要と高額な理由

『98 Wireless』の概要ですが25階建てで総戸数77戸、駐車場は住戸数に対して240%の台数駐車可能、小さいユニットで2ベッド119㎡からペントハウスは3ベッド948㎡という正しく最高級に相応しい物件概要です。ペントハウスの最高価格は6億5千万バーツ(約23億円)となります。20億円を超えるマンションがバンコクにもあるんです。

なぜこんなにも一線を画して高価格になったかというと、リースホールド(借地)が多いチットロムエリアの中で本物件はフリーホールド物件だからです。BTSの南側はコンドミニアムも多くあるのですがその多くが区分所有できないリースホールド物件です。マハットレックソイ1~3にある物件は全てリースホールド物件です。しかし他にもフリーホールドの物件はありますQ Langsuanや185 Rajadamriといった㎡30万バーツ前後の有名高級物件や『98 Wireless』と同じワイヤレス通りにあるAll Seasons Mansionは区分所有できるフリーホールド物件です。

赤丸エリアがリースホールド物件が多いエリア

『98 Wireless』の購入者の多くはタイ人の超富裕層だということです。SANSIRI社は販売当初正式販売を前に単価30万バーツで完売する予定だったのですが結局あっという間に㎡58万バーツにまで価格が上昇したということです。
区分所有できる希少性の高い立地であると思いますが、個人的に周囲の物件と比べどうしてここまで高額になるのか疑問に思います。不動産価格ほどあいまいなものはないと言われたりもしますが、不動産価格の決まり方は複雑だなと思わせてくれる物件です。

スポンサーリンク


Follow me!