土地建物税(固定資産税)は延期?発表当初より50-90%の減額も

2020年より導入されると言われ通知書も各コンドミニアムに郵送され導入の色濃かった土地建物税ですがここに来て政府より税徴収の延期が発表されたというニュースがありました。

参考元:prachachat.net

ブログでも何度かこの土地建物税について書いてきましたが今までも散々延期されて来たので今回は施行、徴収の現実味が濃かったのですが、またしても延期となると政府が何かを発表しても中々信用することが出来ないですね。。
過去ブログ
固定資産税にあたるタイの土地建物税最新情報【2019年12月時点】

正直不動産所有者にとっては朗報ではあるかと思います。

またデパートや大型商業施設の所有者に特に配慮して当初より50-90%減の税額の見直しがされるとのことです。
当初の発表からここまで大幅な減額が行われるのは富裕層からの反発がとても強かったのか、当初からの策略なのか、タイ経済低迷が要因?なのか分かりませんがやはり税制面に関してはまだまだ富裕層寄りの政策が今後も続くのであろうと思われます。

参考元の記事に減額が適応される建物にコンドミニアムの条件も記載されておりますがこれもどこまで信用できるか、いつ変更になるか分からないものです。

スポンサーリンク


 

 

 

Follow me!